本文へ移動

めざす保育

保育理念

  子どもの最善の利益を考慮し、児童福祉増進に 積極的に取り組む

保育方針

  心身ともに健康で 豊かに生きる力の基礎を培う

保育目標

意欲的で元気な子
子どもの声に耳を傾け、十分に応え受け入れることで、
 心身ともに健康で明るく、活発な子どもを育てる。
達成できなくても、やる気や努力を認めることで、
 自分に自信を持ち、自発的・積極的に物事に取り組む力を育てる。
魅力的な保育内容を設定し、好奇心や探究心が旺盛で、
 自己発揮できる子どもを育てる。 
愛し愛される子
子どもの感動に共感し、感情豊かに関わる中で、
 喜怒哀楽がしっかりあって子どもらしい心を育てる。
人や自然に感謝し、生命の尊さを伝える保育により、
 人・動植物のみならず全ての物を大切にする心を養う。
一人ひとりの子どもを十分に愛し、見守り、認めることで、
 他人の良さを認め、間違いを許せる広い心を培う。 
生活力の基礎を持った子
家庭と保育園が、子どもを大切に育てる思いを共感し、
 密接な信頼関係のもと規則正しい生活を確立する。
生活の流れを惰性にすることなく、確認と呼びかけを繰り返すことで、
 自分で考えて行動できる力を養う。
話しを聞く、食事する等、その場に応じて集中することを伝えることで、
 学びや楽しみを味わえる社会生活力を育てる。
0
2
5
3
8
3
TOPへ戻る