きく組(年長児)

 

5歳から6歳への育ち

5歳から6歳への育ち
 
 適切な生活習慣や規則正しい生活が自律する頃です。自分を中心に置きながら、空間的、時間的、力動(強弱)的変化をとらえて表現したり、異なる活動を一度にまとめて表現したり、次々に連続して切替えながら実行でき始めます。体力・思考力共に成長して、大人と一緒であれば、殆どのことができるようになり、活動の幅が大きく広がります。色々な経験を通して、自己信頼性を培い社会性を育て、就学へとつなぐ大切な時期です。沢山の事が できるようになったからこそ、ご家庭と保育園の連携の下、十分な成長支援が必要だと考えています。
 
 
グループでの制作は、相談したり工夫して
一人の時とは違った楽しい作品が完成。
 
親子遠足でのふれあい遊び。家族と一緒に
成長して“できる”の喜びを共有して…
 
年中から取り組むクアハウス。2度目の
体験はより積極的にチャレンジ!!
 

きく組さんの一日

きく組さんの一日
  7:15~ 【早朝保育】
  8:15~ 【一般保育】朝の支度・自由遊び
  9:30~ 《おはじまり》
出席を取り、今日の流れをボードで知らせるとともに季節の歌やお話で、一日の期待が生まれます。
  9:45~ 《朝の活動》~製作・音楽リズム・運動・ゲーム~
さまざまな戸外活動や室内遊びを仲間と協力・強調して取り組むことで、豊かな人間関係や表現する力を育て、言葉や数、自然や社会等の知識に触れ、意欲的に学ぶ『教育』の基礎を培っています。

活動の前に予定時間を知らせ、時間を意識して取り組めるようにしています。上着の着脱や排せつ、手洗いなど、場面に応じた生活習慣が自分で判断してできるように見守り、支援しています。
  12:00~ 《昼 食》
準備をして席につき、静かに座って配膳を待ちます。
グループ当番が、食材を見て「赤・黄・緑」の栄養群に分け、栄養や働きを分かりやすく玄関のボードで紹介しています。
心地よく楽しい雰囲気で食事することで、食への意欲や感謝の心を育てています。
  12:40~ 《食後の休憩・歯みがき》
絵本や紙芝居、しりとりや文字遊びなど、座ってゆったりと遊び、お腹を休めます。
  12:50~ 《午後の活動》
①自由遊び
…園庭で(雨天は室内で)自由に遊びを楽しみます
②集団遊び
…5・4・(3)歳が一緒に、ドッチボールや鬼ごっこ等のルールのある遊びに取り組み、小さい子をリードしながら楽しみます。
  15:00~ 《おやつ》
  15:40~ 《おかえり》
歌や絵本を楽しんで一日を振り返り、明日の予定を伝えられて見通しを持ち、期待が膨らみます。
自分で帰りの支度をし、保育士が健康観察をします。
  16:00~ 《自由遊び》
  16:50~ 【居残り保育】順次降園
年長・年中・年少児が合同で遊びながらお迎えを待ちます。
  17:30~ 《夕焼けタイム》
たんぽぽ組保育室で、異年齢が一緒に遊びながらお迎えを待ちます。
  18:15~ 【延長保育】 別途登録・保育料が必要です
   
仲間と共通の目的に向かって協力し、やり遂げる喜びを味わえるよう、月カレンダーを作って予定を知らせます。また週末には、翌週の予定を知らせることで、達成への見通しを持って取り組めるようにしています。
 

きく組の環境

きく組の環境
 
 集中して遊びこんだり、友だちと一緒に遊びが展開するよう、出し入れしやすく整理整頓し、玩具を取りやすいように配置します。正しい手洗いの方法と手順をイラストで示したり、毎日ポケットに入れて来たハンカチとティッシュを使う、おやつを含む食前は専用のタオルを使うなどして、病気の予防や清潔・健康に関心が持てるよう働きかけています。平仮名や数字への関心や理解が強くなり、それらを使う遊びが増えています。集中して話を聞く時、遊びや作業をする時など、場面ごとに机の配置を変えて空間を作ります。それと共に、タイムタイマーで目で確認しながら時間を意識しての活動にも取り組んでいます。みんなが一緒に気持ちよく過ごすための方法として『集団のルール』が守れるよう、工夫しながら伝えています。
 

きく組の生活と遊び

きく組の生活と遊び
 
 運動機能が伸び、進んで活発に体を動かして仲間と一緒に遊びます。更に自分たちで工夫したり、決まりを作るなどして遊びを展開させます。毎月1回『サッカー協会』のコーチによる指導を受け、日頃からサッカーを積極的に楽しんでいます。集団でのゲームやリレー、駅伝等の競争は、体力作りだけではありません。勝った喜びから達成感を、負けた悔しさから次への挑戦意欲を育て、それらの思いを分かち合うことで仲間の大切さを学んでいます。
   
 自然に触れて遊んだり観察することで、細やかな変化や特徴をとらえ、美しさや偉大さなどを知ります。それらを描画制作に生かし、更にイメージを膨らませたり、感性を素直に表現します。専門のボランティア講師による絵画教室で、それぞれが持つ個性を認められ、楽しんで活き活きと描いています。卒園時にはテーマを決め、全員で布キャンパスへクレヨンで塗りこんでの大作を完成させます。音楽やリズムにも積極的に親しみ、色々な楽器に親しみながら、年中から始めた鍵盤ハーモニカでは曲がひけるように取り組みます。
   
 年齢に応じた安全教育への取り組みを積み重ねた集大成、就学へ向けてより安全意識が高まる時期です。安全に小学校へ登下校するための交通安全や、危険な物や場所を避けたり、不審者から身を守る知識を伝えています。災害時の行動の仕方なども指導・訓練し、安全に気を付けて行動し、大切な自分を守る力の基礎を養います。
 
 
親子遠足で公道を歩く
 
傘をさして歩いてみよう!
   
 行事の中心となって役割を担ったり、小さい子の世話を喜び、本来持つ優しさの本領が発揮できます。世代の異なる地域の方々とも積極的に関わり、愛される幸せを感じ、感謝やいたわりの思いを伝えようとする姿も見られます。年長者への憧れが目標となり、自分の力を信じてやり遂げる喜びや、さらなる挑戦の気持ちが生まれます。多くの交わりの中で身近な仲間の大切さも再確認でき、その関係を大切にしようとするなど、人間関係を豊かにする力が育っています。
 
 
老人施設を訪問
 
桜井保育所との交流会食
 
桜井小学校との桜井海岸交流
qrcode.png
http://sisima.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<社会福祉法人志々満保育園>> 〒799-1522 愛媛県今治市桜井6丁目2番1号 TEL:0898-48-0254 FAX:0898-48-0900